プロフィール

KIYO

Author:KIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問ありがとうございます!

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月1日

日は変わってしまいましたが、、、
9月が始まりました。
雨でスタートしたSeptember。
ここでお知らせですが、しばらくこのブログを無期限でお休みいたします。
急ですいません。。。
昨年から今年にかけて、あまりにも多くのことがありすぎ、強靭なハートを豪語していたkiyoのハートが少々壊れかけています。
無理に面白おかしく書こうとすることもまた、自分の本意でなく苦しくなってしまうので、ここでしばらくお休みをいただこうと思います。
本線である診察はこれまで通り、真面目に真剣に継続しますので、病院に来た時にはこれまでと何ら変わらないkiyoがそこにいるはずです。
どうぞ、変な気を遣わずにこれまで通り診察にいらして下さい。
比較的、楽観的にものを考えられるヒトでしたが、そんなヒトでも短い期間に多くのことを抱えるとそうもいかなくなるという現実を目の当たりにしています。
人生で一番頭と心を使ったこの1年。
まだまだ続きますが、唯一の救いはkiyo以上に楽観的にものを捉えられる院ちゃんがいるという事。
有難い存在です。
いつ再開するか、こればかりは何とも言えませんが、海◯蔵がいつかブログで言っていたように、kiyoにとってもこのブログで皆さんと繋がっていられると思うと、それはそれは本当に心強いものでした。
愚痴ることもいっぱいだけど、それもまた自分にとっては良いはけ口になっていたと思います。
いつかまた、このブログで皆さんとお会いできる日を楽しみに、一旦お休みを頂きます。
皆さんも、どうぞお元気でー
また会える日を楽しみにしています!!!
seeyounext

スポンサーサイト

秋の気配

IMG_0770.jpg
今日は涼しいー
気持ちいぃー
朝からエアコンなしで快適に過ごせています
今日で8月もおしまい。
これからは美味しいもの、いっぱい登場しますね
困っちゃうなぁ。。。
この8月、色々と忙しくて少しだけ体重落ちました( ̄▽ ̄)
見た目全然わかんないけど、1人数字を見てニンマリ(´∀`*;)ゞ
食欲の秋到来で、このウェイト貯金、全部使い果たすヨォー(笑)
ひとまず、9月にプチ夏休みを頂くときに。。。
食い道楽間違いなしの日高トラベル。
楽しんできます

マリアアザミ

CIMG1665.jpg
犬猫問わず、また、鳥では多くの子が肝疾患と闘います。
第一選択はお薬ですが、それを補助する役割として大変重要なのがサプリメント。
たかがサプリメント、されどサプリメントってやつです。
kiyoも院ちゃんも、日々の診療に多く取り入れていますが、いまや補助というより限りなく薬に近い存在としてたくさんの種類のそれが出ていますね。
その中の一つが肝臓用のサプリメント
肝臓用のサプリメントの多くにはマリアアザミというハーブの名前が出てきます。
マリアアザミの活性成分は、抗酸化作用を持ったシリマリンと呼ばれるフラボノイドの複合体です。
シリマリンは、様々な研究によって健康な肝細胞の損傷を予防する一方で、傷ついた肝臓の細胞を再生することがわかっています。他にも代表的な働きとして以下の様なことが挙げられます。
①毒素から肝臓を守る肝保護作用がある
②DNAとRNAの働きを高め、肝細胞の内側でたんぱく質の合成を促進し、損傷した肝細胞の再生を高める
③肝臓内での最強の抗酸化物質のグルタチオンの肝臓内での濃度を平均35%も高める
④andmore、、、

犬や猫のサプリメントでは、沢山の種類のマリアアザミを成分にしたサプリメントが登場していますが、これまで鳥さんのそれは少なく、kiyoは犬猫の物を使っていました。
が、この度液体のサプリメントを入手したので、これから少しづつ取り入れていこうかなぁ、、、と考えています。
因みに、横に写るのはマリアアザミのシード(種)(^^)
以前、患者さんより分けていただいたものでーす

そういえば、ポンコツレバーのたみ様も、肝臓用のサプリメントは欠かせないものでしたね。
懐かしい、、、。

寄生虫の巧み

CIMG1666.jpg
先日虫卵が見つかり、投薬後の鳩さんのウンチから出てきた【回虫】。
うぎゃぁ、、、な感じですが、患者さん、しっかり集めて下さいました
犬猫の診察室には犬の回虫が。
小鳥の診察室にはこの鳩の回虫が。
同じ回虫という種類なのに、宿主によって大きさを変えるという巧みの技(笑)
寄生する宿主を殺しちゃいけないですからね。
この鳩さんも相当数の虫体が出ましたが、鳥の場合一気に駆虫すると腸管内で詰まり手術になんてことにもなります。
※猫ちゃんもそうと院ちゃんの助言アリ。
宿主の腸管の太さに合わせ自分の体の大きさを変えちゃう寄生虫のすごさ。
こういうところに何故か萌えます
すごいねー
ちょっとマニアックだったかなぁ、、、(笑)

かじりーず

IMG_0766.jpg
我が家の鳥部の皆さんも愛用している【かじりーず】
運動不足の解消にと使っています。
高血圧な紫のあの人にとっては、ストレス発散の為のサンドバック状態。
農薬を使わずに栽培した熊本県産のいぐさや、加工時に薬品や油の使用、染色漂白控えた東アフリカ産のサイザル麻が使われています。
安心して使えますね
女の子に至っては、巣材にしてしまうことがありますので、よーく考えて使ってください。
我が家のあの人は、怪しくなったらすぐ没収です(笑)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。