動物福祉と愛護

IMG_0919.jpg

昨日は年に一回の『動物取扱責任者講習』でした。
午後の鳥ちゃん診察は、お休み頂きましてご迷惑をおかけいたしました。
毎年、愛護センターの職員からの法改正の話と、外部の講師を招いての講義。
はっきり申し上げますと前半は、それ、そんな時間をとって話す内容!?と思う位ただ冊子を読み上げる様な話。
法令で決まっている事だから受けなくてはいけない訳なんですが、前半のその時間、いる?
といつも思ってしまう、つまらない話。
これ、行政を完全に敵に回した様な物言いですが、むしろ目にとめてくれ!と思ってしまうほど改善の余地ありだと個人的には思います。
なんとかならないかね、、、
さて、気分を変えて、後半の外部の講師の先生の話は一転、とっても興味深く毎年面白い内容なのです(^ ^)
昨年は、母校麻布大学の教授(寄生虫学の先生)だった先生が、今年は、岐阜でNPO法人を立ち上げ、自身も動物行動学専門の開業医でもある先生が講義をしてくださいました。
動物取扱業の社会的責任と未来。っていう小難しい様なタイトルですが、その内容は『動物の福祉と愛護』が語られています。
ここに書くと果てしなく続くので省略しますが、医療を提供する獣医師としての立場と、動物を飼育する飼い主としての立場、地域医療を支える動物病院としての在り方。
それぞれの立場・考え方を尊重しながら、動物たちがその子らしく生きて行くために必要なことを考える。
その子らしさ・その動物の本来の在り方って何だろう。
そんな事を考えさせられる講義でした。
動物の福祉と愛護。
似ている様だけど全く別物の両者。
深いです。。。
プロフィール

KIYO

Author:KIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
訪問ありがとうございます!
検索フォーム
QRコード
QRコード