プロフィール

KIYO

Author:KIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問ありがとうございます!

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過激画像にご注意を。

CIMG2514.jpg
今日は大型犬の【子宮蓄膿症】という病気の手術がありました。
取り出した子宮の中から出てきたのはまさに膿。臭いにおいと独特の黄緑色の液体。
この手術は、病院で行われる手術の中では比較的多い手術です。
ネコちゃんにも起こりえますが、多くはワンころなのです。
主に未避妊の女の子がかかる病気で、膣から子宮に感染が起こることによって、子宮の中に膿がたまり(蓄膿)具合が悪くなります。
抗生剤などの薬で経過を見ることもありますが、基本的には手術によって卵巣子宮を切除することで治療とします。
通常、犬の発情は1年に1~2度です。*猫の発情は年に2~3回で出血も見られない。
発情出血が終わった後、1~2か月内に再び出血が見られるようなことがあれば、それは不正出血の可能性があります。
いつもよりずいぶん早く生理が来たなぁ~とか、何となく出血の色が黒っぽいなどがあり、本犬の食欲が元気が無くなってきたらそれは黄色信号です
ありゃりゃ?と思ったらどうぞ院ちゃんまで
最新鋭の高額超音波で、院ちゃんがやさしく診察してくれます
我が家の茶色の天然パーマもただ今ヒート(生理)中
あの子も、避妊手術しないと

<< 湘南和菓子 | ホーム | 八重ちゃん >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。