プロフィール

KIYO

Author:KIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問ありがとうございます!

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱい備忘録~断乳2日目~

IMG_1854.jpg
断乳第二幕。
赤コーナー【kiyo】、青コーナー【姫様】のゴングはチーンと高らかな音を立てて始まりました。
時間は夜の九時。
昨日の記憶があるのか、いつもなら歯磨きの後に必ず言ってくる『おっぱい。ねんね。』のおねだりなし。
まだまだ寝ないぞとばかりに、この時間から新しいおもちゃを引っ張り出しては一人で盛り上がって遊び、寝室に行こうと最高のスマイルで笑いかける母も無視
何故か最近拒否していたパパに抱っこのおねだり
小さい頭も、何かこれまでと違うってことは感じているんですね。
1日目の事があるので、本人が疲れて自分から眠るまでとことん付き合うことを決意。
やはり、粘りに粘った十二時を過ぎたころから何度も目をこすり始めたので、これは!!と思い抱っこで寝室に連行。
今日は寝れるかなぁ~と母にささやかれ、絵本を読んでもらうも、一向に登場しないオッパイにやさしくタッチ。
シーン。。。
もう一度やさしく、今度は「おっぱい」とささやくも
シーン。。。
「またまたぁ〜、お姉さん、いけずねぇ〜。出るんでしょ。いつもの。」と言わんばかりにニコニコごろつく姫様。
が、やはりシーン。
すると何ということでしょう!
フテキの笑みをしたまま目を閉じているではありませんかぁー!
うわぁー!感動!!
さすがに週末のお泊りから突然の断乳。そしてその寝不足には勝てなかったみたい〔笑
夜は2度ほど夢におっぱいが出てきたようで、それにうなされパニックで飛び起きました。
気をそらすために、深夜3時に姫様と2人食卓に座ってご飯を食べたり、明け方にはお絵描き。
覚悟はしていたので、起こされる辛さはなかったものの体は限界がそこに見えました。はい。
眠いからとは別に、目が見えなくなりかけていました〔笑
でも1日目に比べて、パニックの程度もずいぶん落ち着きおっぱいとささやく回数も明らかに減っていました。
そして問題が・・・。
kiyoの乳。
岩のように固く、ゴチゴチで一部は赤く腫れ、姫様の抱っこが強烈に痛く、昨日とは違う涙が出ました。
一体何度泣きゃいいんだよ、、、と自分にツッコミました。
あと1日頑張れば何かが変わると信じて、クマのできた目を擦りながら今日も病院へ。
11/17(火)・・・断乳2日目

<< おっぱい備忘録〜断乳3日目〜 | ホーム | おっぱい備忘録~断乳1日目~ >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。