痛風

P1000487.jpg
痛みに鈍いといわれる鳥でも痛いのが痛風。
その多くが遺伝的に罹ると言われています。
kiyoの感覚的には、セキセイとオカメ、圧倒的にオスのほうが多いですね。
痛風とは、腎機能が低下して、本来であればオシッコとして外に出していくべき尿酸(ウンチと一緒に出る白いクリーム)が、内臓や間接に溜まってしまう病態のことを言います。
関節に溜まるものを【関節痛風】。
内臓に溜まるものを【内臓痛風】。
前者は外から見て判断できますが、後者は死後解剖で発見されることも多くあります。
いずれも、血液検査での尿酸値の上昇や蛋白尿の検出、またこれらに罹患している鳥のほとんどに飲水量の上昇が見られます。
怪我もしていないのに足を挙げる仕草が見られたり、足に骨とは違う白い膿の塊のようなものが見えた時には早めの受診をお勧めします
残念ながら内臓痛風の場合は予後が悪く、治療を進めても短期間のうちに亡くなってしまうことが多いのですが、関節痛風だけの場合、お薬で長い期間いい状態を保てる場合もあります。
おや?と思いましたらお尋ねくださいませ(^^)
※お電話ではお答えしかねますので、気になった場合には必ず本人を連れて病院まで
プロフィール

KIYO

Author:KIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問ありがとうございます!
検索フォーム
QRコード
QRコード